断熱事業-デコスドライ

セルロースファイバー断熱材デコスドライ工法

新聞紙から作られる断熱材

地球にもやさしく、断熱・調湿・防音に優れたセルロースファイバー断熱材「DECOS DRY」は新聞紙からリサイクル生産される環境配慮型断熱材として注目を集めています。デコスドライ工法はセルロースファイバーの性能を最大限に引き出す、乾式吹込み工法を採用。
弊社は正規取扱店として登録されております。

わたしたち地球人のための住宅断熱新常識

動画・CM

劇的ビフォーアフターで紹介されました。

デコスドライ工法

セルロースファイバー断熱材を使いたいときは?

断熱材セルロースファイバーとは?

新聞紙からリサイクル生産される環境配慮型断熱材

優れた断熱材

セルロースファイバーは、様々な太さの繊維が絡み合い、空気の層をつくることはもちろん、1本1本の繊維の中にも自然の空気胞が存在しているのです。この空気の存在がよりいっそう熱や音を伝えにくくします。さらに、木質繊維特有の吸放湿性で適度な湿度を保ちます。

セルロースファイバーの特徴

■国際的に認められた安全性能

セルロースファイバーは、ホルムアルデヒド・VOCの放散試験において無垢の木材と同様の対象外で、F☆☆☆☆以上の安全性が認められています。
(財)建材試験センター

■断熱材別製造エネルギーの比較

製造エネルギーが小さいことは、CO2の排出量が少ないということです。
セルロースファイバーはCO2の排出が他の断熱材よりもダントツに少ないのです。

断熱材の製材エネルギー(kWh/m2)
■カビや害虫にも安心

木質繊維が持つ吸放湿性の効果でカビや菌の発生を防止。害虫に対しても効果があります。
カビ抵抗性表示 : 最上級のランク3
防カビ性試験/JIS Z 2911

■カビや害虫にも安心

木質繊維が持つ吸放湿性の効果でカビや菌の発生を防止。害虫に対しても効果があります。
カビ抵抗性表示 : 最上級のランク3
防カビ性試験/JIS Z 2911

■万が一の火災にも安心 火災にも安心

難燃処理により、万一、火災にあったとしても延焼を防ぎ、有毒ガスの発生もありません。
難燃3級 JIS A 9523

■万が一の雨漏も安心 カビや菌の発生を防止

木質繊維が持つ吸放湿性の効果でカビや菌の発生を防止。害虫に対しても効果があります。
カビ抵抗性表示 : 最上級のランク3
防カビ性試験/JIS Z 2911

優れた防露・調湿性

防湿層不要で次世代省エネルギー基準の認定取得

木質繊維のセルロースファイバーは住宅内で生きています。
周囲の状態に応じて水分を吸ったり吐いたりしています。この吸放湿性が適度な湿度をもたらし、結露を防ぎます。それによって、大切な建物の寿命を延ばすことにもつながります。

優れた防露・調湿性

工法-デコスドライ工法とは?

断熱材の性能を最大限に引き出すデコスドライ工法

効果的な断熱・防音施工を行うには断熱材の素材性能の高さはもちろんのこと、施工方法がその性能を十分に生かせるものでなくてはなりません。
デコスドライ工法は、乾式吹き込み工法ですので、手の届かない隅部の充填が可能で、隙間からの熱損失を防ぎ、抜群の断熱・調湿・防音性を実現します。

デコスドライ工法とは?

断熱施工のしくみ

40坪程度の住宅を3人1組で施工した場合、約4日(屋根・壁)。断熱材はおよそ1トン(約朝刊10年分)使用します。

壁断熱
内張シート施工
マスクと同じ材質の通気するシートを弛みなく貼る。
ブローイング
壁は柱の厚みいっぱいに。施工密度55±5kg/m2でブローイング。
天井・屋根断熱
屋根断熱
通気層を確保し屋根垂木に施工密度55±5kg/m2でブローイング。
天井断熱
天井の上に施工密度25±3kg/m2で厚み150mmをブローイング。
S-B型ダウンライト図S-B型はセルロースファイバーが覆っても安全なダウンライトです。
壁断熱
1F床施工A
経年脱落防止の桟木を設置し、大引の厚みいっぱいに施工密度55±5kg/m2でブローイング。
1F床施工B

動画・CM

壁断熱施工の様子

天井・屋根断熱施工の様子

床断熱施工の様子

耐火地域への仕様

耐火地域への仕様

安心-施工・保証も万全の体制

日本セルロースファイバー断熱施工協会の認定施工店による責任施工

「デコスドライ工法」は厳格な品質管理及び検査を経て施工されたものであり、新築物件の壁全体全てにご使用頂けると、セルロースファイバー素材内部に結露が発生しないことを20年間保証します。

無結露20年保証
各種認定証

■JCA認定者 登録証カード施主様に安心していただくために、JCAでは厳しい試験や研修をクリアした技術者が施工をします。

JCA認定者 登録証カード

認定一覧

認定一覧:新JIS認定、建物の断熱・防音広報特許取得、エコマーク商品認定、次世代省エネ基準認定、国土交通大臣認定防火構造、特別評価方法認定

記録・公開

断熱施工を写真に記録し、監理サーバーに蓄えられます。JCA本部で施工チェックを行い、保証証の発行を行います。お客様がご希望されれば専用パスワードによって施工写真をパソコンから自由に閲覧できます。

デコスドライ工法の環境管理

デコスドライ採用工務店

株式会社森のめぐみ工房ロゴ株式会社 森のめぐみ工房
宮城県仙台市宮城野区
苦竹2丁目7-5
TEL : 022-238-1381
FAX : 022-238-1380
株式会社サカモトロゴ株式会社 サカモト
宮城県柴田郡柴田町船岡中央1丁目9-12
TEL : 0224-58-1100
FAX : 0224-58-2252
株式会社建築工房創ロゴ株式会社 建築工房創
宮城県石巻市大橋3丁目1-7
TEL : 0225-92-7080
FAX : 0225-92-7081
東和総合住宅株式会社ロゴ東和総合住宅 株式会社
宮城県仙台市泉区南光台七丁目33番16号
TEL : 022-348-3205
FAX : 022-348-3120

デコスドライQ&A

セルロースファイバーの歴史は?

1940年米国にて製造開始 1978年十条製紙によって国産化 1985年木造住宅に充填する乾式工法を開始しました。

日本セルロースファイバー工業会とは?

日本製紙・王子製袋(王子製紙子会社)・吉水商事・デコスの4社です。
保証がついているのはデコスドライ工法のみです。

1棟でどれくらいの新聞紙を使うの?

約1tのセルロースを使用します。家全体に分散し重みが掛かりますので構造計算には影響ありません。また金額は、屋根・壁を断熱したとしまして、概算になりますが、約坪/2万~2万5千円(厚み100mm)といったところでしょうか。

ホウ酸が入っていますが防虫効果はどれくらい?

ホウ酸はJIS規定により防燃・防カビの目的で添加しています。
ホウ酸はたしかに防虫効果がありますが、防虫処理剤ではありませんのでゴキブリやシロアリ対策に有効という訳ではありません。

撥水効果があるということは、調湿しないのでは?

水蒸気と水の分子には違いがあり水は弾きますが、水蒸気(湿気)は自由に行き来します。
例えば、透湿防水シートが水を通さず湿気を通すのと同じです。

仕上げにビニールクロスでは、調湿しないのでは?

珪藻土と比較しますと効果半減といったところでしょうか。
ただし、湿気はどんなに小さな隙間でからでも壁体内に侵入します。
ビニールクロスであっても湿気を止める事は不可能です。
よって、調湿効果のあるセルロースはやはり大切ということになります。

20年無結露保証はサッシの結露も含まれますか?

無結露20年保証の内容ですが、外気に接する壁全部にデコスドライを施工した壁体内に関しての無結露保証です。サッシの開口部は一番温度差が生じる部分であり、お施主さまの生活様式等も大きくかかわってくる部分です。たしかにデコスドライ工法は調湿性が優れており結露に非常に有効ではありますが、そのような理由からサッシの部分までの保証はしておりません。
ただし、住宅において壁体内(見えない部分)の結露が一番大切なところです。極端な話、目に見えるサッシの結露はタオルで吹けば取れますが、壁体内の結露はカビの発生、構造材の腐食を生じます。
デコスドライ工法は家にとって一番大切な部分へ20年の保証をしております。